ブログ運営

Twitterでバズを経験!分析してみたよ!

テディ
テディ
なぁ、『Twitter』って知ってるか?
ちびノリダー
ちびノリダー
なに、それ?おいしいの?
テディ
テディ
じゃあ、『バズ』って知ってるか?
ちびノリダー
ちびノリダー
あぁ!それなら知ってる!
ちびノリダー
ちびノリダー
児童館とか駅までワイ達を運んでくれるアレやろ!?
テディ
テディ
そりゃ『バズ』じゃなくて『バス』や!
ちびノリダー
ちびノリダー
ワイ、まだ1歳やねん!分かるわけないやろー!!!

2人とも喧嘩はやめて〜泣
みなさんこんにちは、ぴーのり(@p_nori8)です!
最近、Twitterへの出現率が会社員としてはおかしなことになってます。笑
良い子は真似しちゃダメだぞ(*´∇`*)

さて、今回はTwitterでのバズについてお話させていただこうと思います。

そもそも『バズる』って?

英語の動詞[buzz]のブンブンいう、忙しく動き回る、ざわめくといった意味から派生した言葉です。TwitterなどのSNS上で短期間で爆発的に広がり、多くの人の目や耳に入り注目を集めることです。

バズの定義とは

私もバズの定義ってそもそも何ぞや。って思って色々調べてみましたが、何いいねでバズってるとか何RTでバズっているという明確な定義はありませんでした。

TwitterなどのSNSではフォロワーさんの数が多ければ多いほど『いいね』などの数はつきやすくなります。
その為、フォロワー数が少ない人によっては50RTや200いいねでもバズと呼べることがあります。

初のバズったツイートを分析してみよう!

まずはバズったツイートを見てみましょう。


ツイート時フォロワー数およそ630で普段1RT、10いいねあれば良いくらいの弱小アカウントで100RT、3000超えのいいねをいただけました。

ツイートアナリティクスがこちら。

インプレッション15万…
それまで良くて2000インプくらいだった私が15万って….

それでは何故ここまでになったのか、私の考察にお付き合いいただければと思います。

1.タイミング

実はこのツイートの3週間ほど前に“政府が子連れ出勤を推進”との報道がされ、一時ママさんツイッタラーの中で話題となりました。

1月17日、ワーママで子連れ出勤をしている身として私も発信したい!と思いハッシュタグをつけてツイートをしました。それがこちらです。


ツイートアナリティクスがこちら。

42いいね、8RTこれでも当時は「おっ!」っと思うくらいでしたが、バズってほどではないなぁって感じで終わりました。おそらくリアルタイムでの話題性とハッシュタグの効果だったと思います。

すこし時間が経って子連れ出勤系のツイートもTLで見なくなった1月最終週あたりから、各地にお住いのママさん、パパさんの保育園の4月入園内定の発表がそろそろだというツイートが飛び交い始めました

そんな中、1月31日フジテレビのドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の第4回が放送されました。ママ友トラブル、子連れで議会に参加し待機児童問題を訴える女性議員さん。ママとしてはかなり興味深い内容の放送でした。

そして2月5日に我が家にも保育園入園内定の通知が来て、バズとなったツイートをしました。仕事から帰ってからのことだったので時間も19:24でのツイートで、Twitter上では割と皆さんアクティブになっている時間帯でもありました。

ツイートした時は全くもって気付きませんでしたが、『子連れ出勤』『待機児童』というワードへの導線が運良く作られていたと思います。

そう、タイミングが良かったんです!

2.現代社会の背景

共働き家庭が増え待機児童問題が話題となってから地方自治体も保育園などの増設や人員確保にあったっていてもまだまだ足りていない状態です。

ママたちの中でもこの『4月入園』は一大イベントと言っても過言ではないかと思います。市でも4月入園は今まで入園申請を出している児童でも別で申請をしなければなりません。

保活戦争と言われるくらいで、私も入園のための申請書類を出しに行った時には市役所近辺にいるママと赤ちゃんが敵に思えるくらいピリピリしていました。

とはいえTwitterのフォロワーさんは全然違う地域の方がほとんどなので「敵だ!」なんて思わず、むしろ戦友くらいの気持ちでした。

そのため、我が家に内定通知書が来る前は私自身不安を抱えてはいましたがフォロワーさんの内定通知の報告のツイートは自分のことのように嬉しかったです。

長年におよぶ待機児童問題で沢山の方々の意識が高まっていたことも1つの理由だと思います。

3.リアルな気持ちをその時に

何と言っても1番はリアルな感情をぶつけた事だと思ってます。もう一度ご覧ください。


『涙でちゃんと打ててるか分かりません。』

涙が溢れるだけじゃなく、手も震えてました。

構って欲しくて泣く息子を抱っこしてあげられない毎日。
周りの方への気遣いで精神的にも疲弊していた毎日。

『子連れ出勤』というワードにハッシュタグをつけている余裕なんてないくらいの安堵感と嬉しさ、今まで経験してきた辛さからの開放感、4月からの生活への希望の気持ち、全ての溢れた思いをこのツイートにぶつけました。

#人類皆有能でおなじみの秘書のひしょんこと星影さん(@hoshikage_86)もこのようにツイートしてます。

星影さんの言うように、もしこのツイートを次の日の朝にしていたらここまで反応は良くなかったと思います。まさに、思いが乗った言葉だったからたくさんの方々に届いたんだと思います。

もともと私の発信は自分の感情などを叫ぶスタイルが多かったのでよりマッチしたとも思います。

バズを狙うことは可能なの?

ツイート1行目に「ひっそりとご報告」とあるように、私の中ではフォロワーさんの中で普段からよく絡ませていただいてる方々にご報告できればいいなぁと思ってツイートしており、私の場合は全くもって意図したものではありませんでした

しかし、多くのインフルエンサーと呼ばれる方達は意図してバズツイートを生み出すことが出来ると言います。

私もまだまだ試行錯誤している最中なので、皆さんにこうやったらいいよ!とか言えないので私が参考にさせていただいているnoteをご紹介させていただきます。

キックさん(@kikumer)のnote

 

ちょうど同時期に#プチはっぴぃでおなじみのひろいさん(@hiroy_zero)もバズってました。


ひろいさんのツイートいいね、RT共に8000越え!すごい!
ひろいさん曰く、100RTぐらいいけばいいなーと思ってツイートしたら予想をはるかに上回る数字になったそうです。

ひろいさんのこちらのツイートはバズを狙ったそうでnoteにてその経緯を無料で公開されていますので、こちらも是非参考にしてみて下さい。

最後に

初めてのバズでFF外の方々の様々な意見を聞くことが出来ました。
バズツイートは単純にフォロワー数を増やす為だけでなく、様々な方の意見を聞くことができる手段の一つでもあるかと私は実感しました。

ひろいさんのnoteに書かれているように、普段の発信スタイルと違ったスタイルでバズることもありますし、私のように普段の発信スタイルがあった上でバズることもあります。

色々なバズり方がありますので、どんなツイートがウケるのかみなさんも試行錯誤してみてくださいね!

私も試行錯誤しながら発信してますので、是非ぴーのり(@p_nori8)のフォロー&応援よろしくお願いします💓